FacebookがBeaconを使って実験中

少し前から実施されている事例になるんですが
Facebookが「Place Tips」という位置情報に関連した情報を提供するサービスを開始すると発表がありました。

facebook_beacon

概要を簡単に説明すると
位置特定された際に、通知が表示され、その通知を見ると
現在位置に基づいた友達がシェアしている情報が表示されると言うサービスです。

現在は、言語を「英語(米国)」に設定している場合で、
iPhone用のFacebookアプリの上部に表示されるようです。
アメリカのニューヨーク近辺の有名所(セントラルパーク、自由の女神等々)で実稼働中です。

 

位置特定には幾つか既存のシステムを利用している状態で
その中でBeaconを使っての位置特定を行う実験が行われています。

都市部の建物内なんかでは、従来の位置特定の方法だと正確な位置情報が取りづらいので
Beaconを利用して位置を正確に割り出そうという試みです。
名称は「Facebook Bluetooth®ビーコン」と言う物で現在はiOSのみ対応しているとの事
(やはりOSレベルでサポートしてくれるiOSの方が扱いやすいんですね)

こちらも既に実験が始まっており
Strand Book Store(有名な老舗本屋)、Big Gay Ice Cream Shop(アイスクリーム屋)等々で
ビーコンが設置されているとの事

 

ビーコンを使った事例としては、位置特定して情報を表示するというありふれた物なのですが
既に利用ユーザー数が半端じゃないFacebookが始めたと言うのがポイントで
・アプリのインストールと言うハードルをクリアしている
・発信するための情報がふんだんに存在する(ユーザー蓄積なのでこれからもどんどん増える)
と言う所で、この2点は非常に強力です。

 

やっている事自体は技術的に難しい事ではなく、弊社ギガスジャパンで開発可能な仕組みですが
ついにSNS界の巨人FacebookがBeaconの導入に動きだしました。
Beaconを使った「何か」を初めてみたいと思ったら、弊社までお問い合わせ頂ければお力になれると思います。
http://www.gigas-jp.com/application/ibeacon/

月曜担当SH



アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム