OpenXRSDKをVisualStudioでビルド

OpenXRのSDKサンプルをVisualStudioでビルドできるようにしたプロジェクト
をMicrosoftが公開していたので、触りながら勉強できるようにビルドおよび
エミュレータで実行できる環境を整えようと思いました。

OpenXRとはオープンでロイヤリティフリーなVR/ARの標準仕様APIです。

用意するものは
Windows10 Pro以上が動作するデバイス
最新のVisualStudio 2019
GitHubリポジトリからクローンしたプロジェクト
Hololens(2)のエミュレータ
です。

Hololensのエミュレータをインストールし、
VisualStudioをセットアップし、クローンしてきたプロジェクトのUWP用ソリューションを開きます。
必要に応じて
v142用ビルドツール用C++ ライブラリ、
Windwos10 SDK、
C++ (v142) ユニバーサル Windows プラットフォーム ツール
などのインストール、アップデートをおこなってください。

準備ができたらプロジェクトをビルドしHololensのエミュレータに展開します。

以上で、問題なければエミュレータが起動しエミュレータ内でサンプルアプリケーションが起動するはずです。

私の環境だと、ビルドまでは問題なく行えたのですが、
エミュレータでアプリ実行後、
“XrResult failure [XR_ERROR_INSTANCE_LOST]”
というエラーが発生し、正常に起動しない問題が起きました。

実行するエミュレータのバージョンを変えつつ
エラーの原因を探りながら再チャレンジするつもりです。

水曜担当:Tanaka




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム