未分類

GPUマイニングをやってみました

グラフィックカードを2個購入したので、GPUマイニングをやってみました。

続きを読む

iPerf3を使用したネットワーク速度計測

今回はネットワークの速度の計測ツール「iPerf3」の使用方法をシェアします。

続きを読む

Switchでゲームプログラミング

Nintendo Switch用ソフトの
ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング
を購入してすこし遊んでみました。

続きを読む

個人用ファイルサーバー機の作成(トラブルに遭遇)

前回搭載したハードディスクを使用して
mdadmのソフトウェアRAIDを組む予定でした。
RAID10アレイは問題無く組めたのですが、
アレイの再構築処理完了後、再起動をかけると
起動時に以下の画像のメッセージが表示されるようになりました。

前回搭載したHDDのS.M.A.R.T値でエラーが見つかったようです。
実際S.M.A.R.T値がどうなっているのか、
Windowsを起動して、Crystal disc info を使用して確認してみました。
健康状態が異常と表示されており、
シークエラーレートの現在値が20台、最悪値が1となっていました。
(画像のHDDの他にも4台のHDDが同じような症状で異常と表示)

ディスクに異常があるようですが、
1時間ほどアイドル状態で放置しておくと
以下の画像のように徐々に現在値が改善されているように見えます。

このまま復活するのではないかと思い更に放置すると、

現在値が100まで回復、健康状態も正常となりました。

根本的な原因はまだ見つけられていませんが、
Raidアレイ再構築時の長時間の書き込み処理で
磁気ヘッドの移動になんらかの異常がでているのではないでしょうか。

冷却ファン等の振動が原因なのであれば、8台中5台に異常が出て、
3台は正常というのも不可解です。

ちなみに前回落下させた4台のHDDの内、
エラーが出ているのは1台、他の4台は落下させていないHDDです。

このままだと、ファイルサーバーとして使用するのは不安ですので、
早めに原因を見つけたいです。

水曜担当:Tanaka



個人用ファイルサーバー機の作成(HDDの組み込み)

ゴールデンウィーク前に発注していたハードディスク8台が届いたので、ファイルサーバー機用に組んでいたPCに組み込みました。

続きを読む


アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム