CakePHP テーブルクラスとエンティティクラスについて(その2)

今回は前回作成したテーブルクラスおよびエンティティクラスに、コントローラークラスからアクセスをおこない、データベースに保存されているレコード内容をビューに表示する方法の説明をおこないたいと思います。

本記事には前回の「CakePHP テーブルクラスとエンティティクラスについて(その1)」の続きです。

データベースに保存されているレコード内容を全件出力する場合の例を以下に示します。

■コントローラークラスの作成

以下階層にStudentsControllerクラスの作成をおこないます。
C:\xampp\htdocs\caketest\src\Controller\StudentsController.php

■ビューの作成

上記のコントローラーから、ビュー側にデータベースの検索結果($data)を渡しているので、ビュー側でforeachでループさせて全件表示します。


http://localhost/caketest/students にアクセスをおこなうとデータベースの内容がビューに反映されていることが確認できます。

データベースの内容:


ビューへの出力結果:


次回はCakePHPのデータベースのCRUD処理についての説明をおこないたいと思います。

木曜日担当:nishida




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム