消費税アップとキャッシュレス

ついに、昨日(2019/10/1)から消費税率が10%に引き上げられました。
増税後の個人消費の落ち込みを軽減する目的と、
キャッシュレス決済普及の促進のために
登録されているキャッシュレス決済サービスを利用することで
そのサービスを経由しポイント還元等を政府が支援するという事業がスタートしています。

キャッシュレス決済サービスの一つである
PayPayを運営するPayPay株式会社が資金移動業の登録を完了したそうです。
これによりPayPay残高の内、PayPayマネーを
指定口座に現金として振り込むことが可能になりました。
クレジットカードからのPayPayのチャージや、
携帯電話料金の支払いとまとめて行うチャージではPayPayマネーとしてではなく、
銀行口座へ出金できない PayPayマネーライトとしてチャージされるので、
クレジットカードの利用可能額を現金化する目的にPayPayを利用することはできません。

また、ヤフー株式会社が提供していたYahoo!マネーがPayPayに統合されたことで、
Yahoo!マネーで支払うことができていた公共料金等の支払をPayPayで支払うことが可能になったようです。

チャージしたPayPay残高を再度現金化できるようになったことで、
「PayPay残高として銀行口座からチャージしたものの、
キャンペーン等で高額のPayPayボーナスを入手したのでPayPayマネーは現金に戻しておきたい」
の様なシチュエーションでの利用や、
個人間送金手段としてPayPayマネーを使い、それを銀行口座へ出金して現金化する。
といった使い方ができますね。

PayPayマネー(ライト)を譲渡する際には、PayPayマネーライトから優先的に譲渡されるので
例えば、譲渡する側の残高にPayPayマネーライトが1500円分ある状態で3000円分を譲渡すると
譲渡された側では受け取ったPayPay残高の内の半分しか口座に出金できないといった状況が発生するので注意が必要そうです。

参考URL:PayPay株式会社プレスリリース

水曜担当:Tanaka




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム