Android端末の安全性

たびたびAndroidのセキュリティに関する記事を投稿をしてきましたが
Googleがセキュリティ対策の取り組みや同行に関する年次報告書を発表しました

報告書の原文は↓

https://source.android.com/security/reports/Google_Android_Security_2017_Report_Final.pdf

これによると、以前に記事で取り上げたGoogle Play Protectのおかげで
2017年だけで3900万の有害アプリを削除出来たとの事です

機械学習を利用した有害アプリの検出なので、
今後どんどん学習して精度が上がっていくとの事で頼もしい限りです

さらに、GooglePlayへ公開されるアプリの審査機能も強化して取り締まったおかげで
GooglePlayストアからアプリダウンロードしている場合、
有害アプリが入りこむ危険性が、他のマーケットからのダウンロードに比べて9分の1程度になる、とか

セキュリティが強化されるのは喜ばしい事ですが、
Android端末がリリースされてから大分立つのに、ようやく安全性が高くなってきたと言う事実が悲しいですね・・・

 

ちなみにAndroidOS自身の脆弱性はと言うと
Android Security Rewards
という、脆弱性見つける協力や、修正を行った研究者に賞金を出すという取り組みを続けていまして
日々セキュリティをアップさせています
さらに、この取り組みを始めてからの賞金総額が200万ドル(約2億円)に到達したとの事ですが
こっちはこっちで、それだけの脆弱性があったのかと・・・

 

早くAndroidがiPhoneよりも安全です!と言われる位までになってほしいもんですね

 

月曜担当 SH




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム