新人成長記録16th

前回は、DB(DataBase)の操作について書きました
今回は、DBにおけるトランザクション処理について書いていきます

トランザクションは開始時にBEGIN TRANSACTIONの宣言をする必要があります
そして、処理を確定したい場合には、COMMITをします
トランザクション開始前の状態に戻す場合には、ROLLBACKをします

 

トランザクションはACID特性と呼ばれる、4つの要素を持つべきとされています
1 – 原子性(Atomicity)
2 – 一貫性(consistency)
3 – 独立性(isolation)
4 – 永続性(durability)

原子性

これ以上に処理を分割することができない最小の単位のこと
処理のすべてが成功か、失敗をし無効になるかのどちらかであることが重要です
トランザクション中の処理A、B、CのAが成功し、Bが失敗した時には、Cの処理を行わずにAとBの処理を無効にして、DBの状態を処理Aが実行される前に戻します

プログラマ感覚で言うと、以下のような感じですかね

一貫性

トランザクション処理の前後で、整合性のあるデータであること
Aさんの口座からBさんの口座に振込みをした時に、Aさんの口座からは引く処理は成功して、Bさんの口座に足す処理が失敗してというのは、Aさんの口座から引かれたお金がどこかへ消えたことになり、一貫性が保てていません

独立性

トランザクション処理中のデータが他の操作から参照されないこと
例として、A口座からB口座に5万円を振込時の処理は以下のようになります

状態 A口座 B口座
送金前 100万円 150万円
送金中 95万円 150万円
送金後 95万円 155万円

この時に、送金前と送金後のデータのいずれかしか参照はできません
送金中のデータが参照可能の場合、整合性を保てなくなる場合がでてきます

永続性

トランザクション完了後のデータは保存され、失われないということ
この性質を保証するために、基本的にトランザクションのログを記録しておき、障害発生時にはそのログを使用して、障害発生前の状態へ復旧作業を行う

終わりに

BEGIN TRANSACTIONを宣言しない場合には、SQL文を実行するごとに暗黙的にCOMMITされていますので、未宣言時の操作には、注意が必要です
ミスをしないためにも、トランザクション処理をして、失敗がないことを確認してから、COMMITを実行して確定をするのが安全と言えます

今までアプリを作成した中では、トランザクションへの意識はなかったと言えます
次回から、作成する時には処理を考え、適切な場所で実装していきたいです

火曜日担当:poppy



アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム