Visual Studio for Macを使って Xamarin.iOS アプリを作成

Visual Studio for Macを使って Xamarin.iOS アプリを作成し、
実機へのインストールを試してみます。

MicrosoftのページからVisual Studio for Macをダウンロードする。
インストールを行うと画像のような画面が表示されるので
案内にそって、最新のXCodeとCLIToolsのインストールを行います。

Visual Studio for Macを起動し新しいXamarinプロジェクトを作成する。
作成が完了したら接続済みの実機にインストールを行います。
しかしこのままインストールしようとすると
プロビジョニング設定がされていないのでエラーが表示されます。

今回は試用なので無料プロビジョニングでのインストールを行います。
Visual Studio for Mac、XCodeに同一のAppleIDを登録し、
XCodeを起動し新規プロジェクトを作成します。
その後、
XCodeで作成したプロジェクトのプロジェクト名と
Xamarinプロジェクトの プロジェクト名を一致させ、
XCodeで作成したプロジェクトのBundle Identifierと
Xamarinプロジェクトのバンドル識別しを一致させます。

設定が完了したらVisual Studio for Mac でiOSデバイスにインストールが可能になります。

水曜担当:Tanaka




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム