新人日誌9

javascriptでのスリープ機能について

javascriptには 処理を一時停止するためのスリープさせるための関数がないようです。

そのためスリープ機能を使いたい場合別の方法をとる必要があります。

setInterval()「指定ミリ秒ごとに繰り返し処理を行うための関数」を使った方法

setInterval() で1000ミリ秒ごとにカウントし、それが指定数以上になったらコールバック関数を実行するものです。

この関数を使えば一定時間後に関数を実行することができます。

この一行で簡易的な3分間のタイマーを作ることができます。

水曜担当:Tanaka




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム