Unityでインポートできる3Dファイルフォーマットについて

Unityでインポートできるモデルファイルフォーマットについて紹介させていただきます。

Unityでサポートしている3Dオブジェクトファイルは、Unity単独で読み込めるものと対応するアプリケーションをインストールしていないと読み込めないものとで2種類に別れます。

Unityでは前者をExported 3D ファイル、後者をProprietary 3Dアプリケーションファイルと呼んでおります。

それぞれについてどういったファイルフォーマットが存在するかをまとめてみました。

Exported 3D ファイル

この種類に属するファイルフォーマットは、Unity単独で読み込むことが出来ます。
対応しているフォーマットは以下です。

* .fbx
* .dae
* .3ds
* .dfx
* .obj
* .skp

Unityでは、後述するProprietary 3Dアプリケーションファイルをインポートした場合、内部でfbxファイルに変換しているようです。
またインポートしたモデリングデータを再度fbx、obj形式のファイルフォーマットとして出力することが出来ます。

Proprietary 3Dアプリケーションファイル

プロプライエタリ(私有の)というワードからも分かるように、この種類に属するファイルフォーマットをUnityにインポートする場合は、対応したアプリケーションを同じPC上にインストールする必要があります。
本来.fbxファイルもAutodesk社に属するプロプライエタリフォーマットなのですが、その仕様が公開されていることから各種のプログラミング言語でライブラリ化されているという現状があります。

以下、この種類に属するファイルフォーマットと必要となるアプリケーションです。

ファイルフォーマット 対応するアプリケーション
.max

3D Studio Max

 .mb, .ma

Maya

 .blender  Blender
 .c3d  Cinema4D
 .lxo  Modo
 .lwo  LightWave
.jas

Cheetah3D

これらのファイルは、使用したツールのバージョンにも依存しているため、使用する場合は注意が必要です。
(インポートするには、同じバージョンのアプリケーションがインストールされている必要があります)

以上、Unityでインポートできるファイルフォーマットのご紹介でした。

木曜担当
yoshimoto

参照

[Unity公式] Model file formats

ユニティとオートデスクが協業…米で開催中の「Unite Austin 2017」で発表 FBXファイルのUnityへのインポートおよびエクスポート機能を強化

Unity 2018.1正式リリース! Maya&3ds Maxとの連携ワークフロー解説




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム