アプリ関連ニュース

Androidデバイスをネットワーク経由でAndroidStudioに接続

Android用アプリを開発中にAndroidデバイスのUSBポートが
外部装置に占領された状態でアプリのインストール、
デバッグを行う場面がありました。
そこでUSBケーブル経由ではなく、ネットワーク経由でパソコンに接続し、
AndroidStudioがそのAndroidデバイスを認識する状態にする必要がありました。

ADBコマンドを利用するため、ADBへPATHを通すか、
コマンドプロンプトやターミナルを開きカレントディレクトリを
AndroidSdkのplatform-toolsのインストールディレクトリへ移動させます。
ADBコマンドが利用できるようになったら、
AndroidデバイスでUSBデバッグを有効にし、
USBケーブルでパソコンヘ接続します。
接続後、ターミナルに
” adb tcpip 5555 “
とコマンドを入力し、ポート番号5555で接続を待つように設定します。

USB接続を解除し Wi-Fi経由、Lanケーブル経由どちらでも良いので
AndroidStudioを実行しているパソコンと同じネットワークに接続します。
ネットワークに接続したらAndroidデバイスのIPアドレスを確認します。
確認方法はAndroidのバージョンなどによって異なりますが、
デバイス情報やWi-Fi設定画面などから確認できます。

” adb connect ‘接続先のIPアドレス’ “
とコマンドを入力し接続します。
この時、接続に失敗した場合は
” adb connect ‘接続先のIPアドレス’:5555 ”
とIPアドレスの後にポート番号を指定することで接続できることがあります。

“ adb devices ”
コマンドで接続できているかを確認できます。
接続できていればIPアドレスが表示されます。
接続を確認できたらAndroidStudioから接続したデバイスが選択できるようになっています。

接続を解除する場合は
” disconnect ‘接続先のIPアドレス’ ”
とコマンドを実行することで接続を解除できます。

ネットワーク経由で接続することでAndroidデバイスにUSB経由で
キーボードなどの外部装置を接続した状態で開発アプリのインストール、
Logの確認を行えるので便利ですね。

水曜担当:Tanaka



Visual Studio CodeでPHPデバッグをおこなう方法(その5)

かなりブランクがあいてしまいましたが、前回(その4)では、「XDebug」と「Visual Studio Code」を連携させるところまでの説明をおこないましたが、実際にどのようにデバッグをおこなうのかの説明はできておりませんでしたので、今回(その5)では「Visual Studio Code」を使用して実際にデバッグをおこなっていきたいと思います。

続きを読む

NASサーバーに最適なRaspberry Pi 4 Model B

ラズベリーパイ財団から新しいラズパイ、
Raspberry Pi 4 Model Bが発表されました。
私自身、学生時代から Raspberry Pi に興味があったので調べました。

続きを読む



複数のPHPプロジェクトを同時検証する際のPORT切り分け方法

XAMPPなどで複数のプロジェクトを立ち上げ検証をおこなう際に、htdocs内にプロジェクト毎のディレクトリで切り分けるのが一般的かと思いますが、その場合、検証用URLにディレクトリパスが追加されることになります。

続きを読む

高画質VRHMD Pimax 8K

VRを楽しみたいけどVR酔い(サイバー酔い)が心配でなかなか手が出せていないtanakaです。
描画レートが高く、解像度が高く、実際の視野に近い視野角であるとVR酔いが起こりにくいようです。
そんな私にぴったりなVRHMDを見つけましたのでご紹介します。

続きを読む




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム