2015年のAR開発事情

2012年頃、ARという技術が未来的な表現としてとても流行りました。

スマートフォンの普及とともに「新しい時代の到来!」という感じを直接的に感じさせてくれる技術でした。

最近では下火になっているARですが、機会があったので調べてみると2015年は大きな変革の年となっていました。

about_ar_1

(画像は「ARToolKitについて | ARToolKitライブラリ」より)

Vuforia

ARを扱う案件があり、最初にいつも利用していた「Vuforia」というライブラリのサイトを見てみると、Qualcomm社からPTC社へ事業が売却されていました!?

サイトは簡素なデザインになっておりSDKもメジャーバージョンアップされていて、これに伴いライセンス形態なども変更されていました。

無料で商用利用可能な点は変わりありませんが、1日に1度Watermark(透かし)を表示しなくてはならないようになっています。

Watermark自体はあまり目立たない感じ(WM2Small)で悪くないです(わかりにくいですが半透明の白)。

また、1日に1度でいいので、さほどデザイン的には影響しないように思えますが、商用利用時は足かせになるかもしれません。

・・・実際にこの時の案件では、他のライブラリを使うことになりました。

Vuforia Developer Portal

https://developer.vuforia.com

 

ARToolKit

ARライブラリと言ったらなんと言ってもこれ。

このライブラリ無くして、今のARという分野は無かったと言っても過言ではない「ARToolKit」ですか、こちらにも大きな変化がありました。

こちらは販売元であったARToolworks社がDAQRI社に買収され、なんとオープンソース化されました!!

これにより、ARToolKitも無料で商用利用できるようになったのです。

機能自体も登場当時のような黒フチ正方形のマーカーだけではなく、マーカーレスと言われる画像からパターンを作成するタイプにも対応しています。

原点回帰でARToolKitという選択肢もアリになりました!

ARToolKit

http://www.msoft.co.jp/ar/

 

String

壁から竜が出てくる動画は有名で、よく目にしていたのですが、利用したことはなく調べてみました。

公式サイト、なにやらオシャレな画面ですが、必須とも言えるDownloadなどのメニューがありません。

これはひょっとして・・・サービスを終了していました。

2015年のコンテストは行っていたようなので、やはりこちらも2015年に終了した模様です。

String

http://string.co

 

Metaio及びJunaio

今回の案件とは関係無かったのですが、ARの有名どころということで調べました。

上記のライブラリとは異なり、専用ブラウザ「Junaio」を利用することで、簡単にARアプリが作れる「ブラウザ型」としてメジャーだった「Metaio」ですが、こちらはなんとAppleに買収され、そのままサービスを停止してしまったようです。

今のところAppleはこれらの技術を使用したサービスは展開していません。

Appleが定評のある拡張現実スタートアップMetaioを買収していた
http://jp.techcrunch.com/2015/05/29/20150528apple-metaio/

 

しかし、そこに目をつけたサイバネット社が「cybARnet(サイバー・エーアール)」というJunaioコンテンツをそのまま移行できるサービスを展開しているようです。

素晴らしい!

cybARnet(サイバー・エーアール)

http://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/csc-ar/cybarnet.html

 

 

今後

ARについての記事などを見ていると、多くは2012〜2013年のものが多いので、その頃が最盛期だったのでしょう。

冒頭にも書いたように現在ARは下火と言っていいでしょう。

ただ、入れ替わるように盛んになってきたのが、ヘッドマウントディスプレイを利用したVR技術。

現実世界にバーチャルを投影するARとは逆に、バーチャル世界に自分が入り込むのがVRです。

しかし、扱っている技術としては近いものもあります。

Appleなどが買収したのは、おそらくこちらに技術を活用するのが目的ではないかと思います。

また、自動運転車への転用も考えられます。

今後は基礎技術として、様々な新しい技術を支えていくのかもしれません。

 




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム