[VR] Oculus Connect 6 アップデート情報

先週の9月25~26日に、Facebookは「Oculus Connect 6」の開催をおこない、
Oculusのヘッドマウントディスプレイの今後の展開についての
発表をおこないました。

現在のOculusシリーズは「Oculus RiftS」「Oculus Quest」「Oculus Go」の
3機種が発売されています。

Oculus RiftS

高性能なグラフィックカードを搭載したPCとの接続が必要な製品で
6DoFに対応、3機種のOculusシリーズでは最もハイエンドな
コンテンツを楽しむことができます。

価格は49,800円です。

Oculus Quest

PCとの接続が不要なため、ケーブルレスで使用することができます。
6DoFにも対応していますので、頭の動きだけでなく、VR空間を自由に
動くことも可能です。

6DoFでかつケーブルレスのため、ケーブルを意識することなく
自由に動き回ることができるのは大きなメリットといえます。

しかし、CPUはスマートフォン向けのSnapdragonシリーズが採用されているため
ゲーミングPCのグラフィック性能を活用できる「Oculus RiftS」ほどの処理能力はなく、
PCVR向けのハイエンドなVRコンテンツには対応していませんでした。
(※今回のアップデートでこの部分が更新されました。詳細は後述します)

価格は「Oculus RiftS」と同じ49,800円です。

Oculus Go

「Oculus Go」も「Oculus Quest」と同様にPCとの接続が不要なため、
ケーブルレスで使用することができます。

しかし、「Oculus Go」は3DoFのみの対応ですので、頭の動きのみの追従になり、
基本的にはスマートフォンをヘッドセットに差し込んで使用する
「Gear VR」等とかわりありません。

そのためVRコンテンツを体感するというよりも
VRコンテンツビューアー的な位置づけになります。

価格は23,800円で、3機種の中では最安です。

今回のアップデートでの更新点

以上のように、高性能な「Oculus RiftS」、
安価でお手軽な「Oculus Go」という位置づけの中で、
「Oculus Quest」は2つの中間でどっちつかずな印象も拭えませんでした。

そのような中、
今回の「Oculus Connect 6」で「Oculus Link」が発表されました。

「Oculus Link」で「Oculus Quest」とPCを接続することにより、
「Oculus RiftS」のようにリッチなPCVR向けVRコンテンツを
「Oculus Quest」でも楽しむことができるようになりました。

実際に「Oculus Link」を試してみた人の感想ですが、
「Oculus RiftS」と「Oculus Link」でPCと接続した「Oculus Quest」を
比較したところ『何か違うような気はするが体感では分からない』、
『驚くほど違和感がない』との感想で「Oculus Link」の完成度の高さが伺えます。

(参考)【体験レポ・解説】QuestとPCを繋ぐ「Oculus Link」驚くほど違和感なし
https://www.moguravr.com/oculus-link-report/

このアップデートにより、「Oculus Quest」は、従来のように
スタンドアロンでケーブルレスで使用する方法と、
有線でPCと接続をおこなってPCVR向けのハイエンドコンテンツを
動作させる方法の、両方に対応したことになります。

「Oculus RiftS」と「Oculus Quest」は一長一短があり、
選択が難しい状態だったのですが、今回の「Oculus Link」の発表により
「Oculus Quest」のほうを選択する人が増えそうです。

木曜日担当:nishida




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム