[Laravel] データベースマイグレーション シーダー編

今回はLaravelの「シーダー」(Seeder)機能を使用して初期データの投入をおこなう方法を紹介します。

本記事は前回の「[Laravel] データベースマイグレーション」の続きとなります。

今回は前回作成した「students」テーブルに初期データの投入をおこないます。

シーダーの作成


シーダーの作成は以下のコマンドでおこないます。

上記コマンドを実行すると「database/seeds/StudentTableSeeder.php」が生成されます。

以上のシーダークラスをベースにrunファンクションの中にinsertをおこないたい初期投入データを記述します。

シーダーの登録

作成したシーダーを実行するには、「database/seeds/DatabaseSeeder.php」に登録をおこなう必要があります。
DatabaseSeederに下記のコードを記述して、先程作成した「StudentsTableSeeder」の追加をおこないます。

シーダーの実行

シーダーの実行は以下のコマンドでおこなえます。

コマンド実行後、以下が表示されたら、無事シード実行完了です。

データベースを確認すると、無事登録がおこなえていることが確認できました。

データベースの初期化、およびマイグレーションのロールバックと再実行、初期投入データのシードの投入をやりなおしたい場合は以下のコマンドを実行します。


金曜日担当:nishida




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム