Githubにコミット者情報を誤ってコミット/プッシュした場合の対処方法

今回は、Githubにコミット者情報を誤ってコミット/プッシュした場合の対処方法を記載します。

コミット者情報の修正方法

Git Bashを開始します。

一時保管用の適当なディレクトリの作成をおこない、以下のコマンドで該当のリポジトリのベアクローンをおこないます。

git clone –bare https://github.com/(githubユーザー名)/(リポジトリ名).git

クローンしたローカルのベアリポジトリのディレクトリに移動します。

cd (リポジトリ名).git

以下のコマンドで現状のコミット者情報の確認をおこないます。

git log –pretty=full

もし不備があれば、以下のコマンドを実行します。
(以下はすべてのコミット情報を一括で修正をおこなう場合の例です)

git filter-branch -f –env-filter “GIT_AUTHOR_NAME='(正しい作者名)’;

GIT_AUTHOR_EMAIL='(正しいメールアドレス)’;

GIT_COMMITTER_NAME='(正しいコミット者)’;

GIT_COMMITTER_EMAIL=”;” –tag-name-filter cat HEAD

上記のコマンドを実行したら、再度以下のコマンドの実行をおこない、コミット者情報が正しく更新されたことを確認します。

git log –pretty=full

問題なく更新されていれば、Githubにプッシュします。

以下のコマンドでGithubのログイン情報をsetします。

git remote set-url origin https://(Githubのユーザー名):(Githubのパスワード)@github.com/(Githubのユーザー名)/(リポジトリ名).git

ログイン情報の設定後、以下のコマンドでコミット者の変更情報をプッシュします。

git push –force –tags origin ‘refs/heads/*’

作業が完了したら、以下のコマンドで一時保管用に作成したローカルリポジトリを削除します。

cd ..
rm -rf (リポジトリ名).git

github.comにアクセスをおこない、コミット者情報が正しく変更されていることを確認してください。

木曜日担当:nishida




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム