CakePHP Windows10環境構築ガイド

CakePHPフレームワークをWindows10で使用する際の環境構築ガイドです。

XAMPPのインストール

以下のURLからXAMPPのダウンロードをおこない、インストールをおこないます。
https://www.apachefriends.org/jp/index.html

XAMPPのインストールが完了したら、コマンドプロンプトにて「php -v」と入力してください。
PHPのバージョンが表示されない場合、システムの環境変数でpathが通っていないので、pathを通します。

環境変数でPHPのpathを通す方法

Windows10のコントロールパネル>システム>システムの詳細設定>環境変数 から
「path」を選択して「編集」ボタンをクリックします。
「新規」をクリックしてXAMPPでPHPのインストールをおこなった際のpathを指定します。
初期値では「C:\xampp\php」となっています。



環境変数でPHPのpathを設定したら、再度、コマンドプロンプトで「php -v」と入力してPHPのバージョンが表示されることを確認してください。以下のように表示されていればOKです。

Composerのインストール

次にComposerのインストールをおこないます。コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。



php.ini の編集

C:\xampp\php\php.ini
を開き、以下のように編集をおこなってください。

;extension=intl
の行の先頭の「;」を削除して上書き保存します。

CakePHPプロジェクトの作成

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

以下のようにインストールが開始されます。
しばらく時間がかかりますので終了するまでお待ちください。

サーバーへのデプロイ方法

上記のインストールが完了したら、CakePHPのプロジェクトが保存された「mycakeappフォルダ」が生成されます。


「mycakeappフォルダ」 を以下の階層に移動をおこなってください。

C:\xampp\htdocs\mycakeapp

XAMPPのコントロールパネルでApacheの起動をおこない、以下のURLにアクセスします。

http://localhost/mycakeapp/

以下のようにCakePHPの画面が表示されればインストールは完了です。

木曜日担当:nishida




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム