Visual Studio Code マルチカーソルによる変換作業

195カ国分の「Option Value List」がHTMLに直書きされていました。

それをPHPの配列の記述形式に変換する必要があります。


★元のコード(最初の3カ国のみ抜粋):



★ 変換後のコード(最初の3カ国のみ抜粋):


数件程度であれば手作業で作業は可能です。しかし195カ国分を手作業で変換作業をおこなうのは、なかなか大変です。

Visual Studio Codeを使用して楽に実現できないか、ショートカットなどを調べながら、方法を検討しました。以下の方法で作業をおこなえば、少ない手間で実現できましたので、共有したいと思います。



★手順:

ctrl+F で検索ワード「<option value=”」で検索をおこないます。

ctrl+D を長押しして「<option value=”」部分を全選択(マルチカーソル化)する。

「←」キーでカーソルを「<」の前にあわせた状態で「Enter」キーを押して改行させる。

ctrl+F で検索ワード「<option value=”」で検索をおこないます。

ctrl+D を長押しして「<option value=”」部分を全選択(マルチカーソル化)する。

「←」キーでカーソルを「”」の前にあわせた状態で「Back Space」キーを押して
行頭までの文字を消す


ctrl+F で検索ワード「”>」で検索をおこないます。

ctrl+D を長押しして「”>」部分を全選択(マルチカーソル化)する。


「←」キーでカーソルを「>」の前にあわせた状態で「Enter」キーを押して改行させる。


ctrl+F で検索ワード「</option>」で検索をおこないます。

ctrl+D を長押しして「</option>」部分を全選択(マルチカーソル化)する。

Ctrl+Shift+K でカーソルのある行をすべて削除する

だいぶ完成に近づいてきました。あとは各項目をカンマ区切りにして1行にします。

「”Algeria”」の行頭の「”」の前にマウスカーソルを置いた状態で
マウスホイールを押し込み、そのまま下にドラッグします。

その状態で「Back Space」キーを押すと1行になります。

さらに「,」キーを押すと各項目の間にカンマを挿入できます。


これで目的の状態になりました。


木曜日担当:nishida




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム