AndroidOSシェア(2019年6月)

前回のOSシェアのまとめから約半年たちましたが、
OSシェアにどのような変化が起きてるのでしょうか

右が前回の2018年10月で、左が今回(※)です。
※今回のデータは2019年5月に公表されたデータです。

Version Codename API Distribution 6月(2019) Distribution 10月(2018)
2.3.3 –
2.3.7
Gingerbread 10 0.3% 0.3%
4.0.3 –
4.0.4
Ice Cream Sandwich 15 0.3% 0.3%
4.1.x Jelly Bean 16 1.2% 1.1%
4.2.x 17 1.5% 1.6%
4.3 18 0.5% 0.7%
4.4 KitKat 19 6.9% 7.8%
5.0 Lollipop 21 3.0% 3.6%
5.1 22 11.5% 14.7%
6.0 Marshmallow 23 16.9% 21.6%
7.0 Nougat 24 11.4% 19.0%
7.1 25 7.8% 10.3%
8.0 Oreo 26 12.9% 13.4%
8.1 27 15.4% 5.8%
9.0 Pie 28 10.4%

流石に半年もたつと大きくシェアが変わって、OS8系のOreoが一番多くなっています。 また、前回影も形もなかったOS9系のPieが10%とシェアを伸ばし、OS7系以下はシェアが減少しています。
思ったよりもOS5系の減少が起きていないので、今後も10%くらいは残り続けそうな感じですね

前回の記事で、私もスマホを買い替えてOS8.0になったと書いてましたが、アップデートがありOS9になっています。
恐らく各メーカーがOS9に対応したアップデートを実施したことでシェアが伸びたのでしょう

自バージョンのOS10はまだβ版で恐らく正式リリースは今年の8月以降だと思いますが、
操作がジェスチャーになる等、色々変わるのでアップデートがあったとしても乗り換えるかは慎重にしたいところです。

月曜担当 SH




アプリ関連ニュース

お問い合わせはこちら

お問い合わせ・ご相談はお電話、またはお問い合わせフォームよりお受け付けいたしております。

tel. 06-6454-8833(平日 10:00~17:00)

お問い合わせフォーム